スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimpで法線マップ作成

・法線マップ(ノーマルマップ)

法線マップは、バンプマップの一種で、正規化された法線(x,y,z)を(R,G,B)に置き換えた画像
ノーマルマップを使うと凹凸の表現ができる

height_normal.png
<左 : 高低マップ , 右 : 法線マップ>

・GimpにNormalmap pluginをインストール

GIMP normalmap plugin :
http://code.google.com/p/gimp-normalmap/

1. 画面右側のFeatured downloads欄からgimp-normalmap-win32-1.2.2.zipをダウンロードする
2. zipファイルを展開
3. glew32.dll、libgdkglext-win32-1.0-0.dll、libgtkglext-win32-1.0-0.dllをC:\Program Files\GIMP-2.0\binフォルダにコピーする
4. normalmap.exeをC:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-insフォルダにコピーする

・Gimpでノーマルマップ作成

1. 低い所(凹)を"黒"、高い所(凸)を"白"で塗ったハイトマップ(高低マップ)を作成する
2. Gimpの上部ツールバーのフィルタ(R) -> マップ(M) -> Normal Mapをクリックする
3. Previewを見ながらFilter,Scaleの値を設定する
4. 3D Previewで確認する(LightやObjectTypeを変更して確認する)
5. OKボタンを押してノーマルマップを作成し、ファイル(F) -> 名前を付けて保存する(A)で保存する

gimp_normalmap.png

gimp_normalpreview3d.png

・メタセコイアでの設定

concavo-convex01.png

材質設定の凹凸の所にノーマルマップを参照させる
メタセコイアの標準レンダラでは、凹凸が反映されないので、Parthenon Renderer、vidroなどの外部レンダラでレンダリングする

・今回作ったオブジェクト
bridge04.png
・補足

ノーマルマップは、レンガとか壁で使うといいかも
高密度なポリゴンモデルから法線マップを作って低ポリゴンに適応させるといいらしいです、実際にどう使ってるのかよく分からなかったのでまた調べてみます

・参考URL

Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ : 法線マップを使ってみる
http://aether5th.blog40.fc2.com/blog-entry-44.html
WebOS Goodies : GIMP の Normalmap プラグインを試す
http://webos-goodies.jp/archives/50572696.html
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。